山口市で行う外壁塗装工事の施工前の様子

山口市で外壁塗装工事を任せていただくことになりました。
本日は、施工前の状況をお伝えします。

山口市のお客様のお家は築10年で、外壁材はサイディングでした。
サイディング外壁は、セメントでできている板状のパネルを張り合わせていく外壁のことで、現在、最も多い外壁です。
セメントでできているので吸水性があり、雨水が浸透することで劣化して不具合を起こしてしまいます。
劣化からサイディングを守るために、表面を塗膜で覆って保護する必要があります。

外壁が色褪せており、チョーキングが発生していました。
チョーキングは、外壁と触ると白っぽい粉のようなものが付着する現象で、塗膜が傷んでいる証拠です。
このままにしていると、防水性が低下しているので、サイディングに雨水が浸透して、浮きや反りなどのサイディングの不具合につながります。

塗り替えることで、見栄えが良くなるだけでなく、防水性を回復させることができます。

目地(外壁材と外壁材との継ぎ目)やサッシ廻りにあるシーリングは劣化して硬くなっていましたが、割れたり、剥がれたりはしていませんでした。
防水性に問題があるという状況ではありませんでしたが、10年経過しており、硬化して劣化が進んでいることから、打ち替えることになりました。

次回のブログでは、工事の様子をお伝えしていきます。
外壁塗装をお考えの方は、スマイルハウジングにお気軽にお問い合わせください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ