屋根の部位の名前

屋根と一言で言ってもたくさんの部位があります。
リフォームしたいところがあるけれど名称がわからなくてうまく伝えられないと困ったことはありませんか?
今回はこれらの屋根の部位に関して紹介していこうと思います。

本体(平部・流れ)
屋根のメイン部分。棟から軒先までの一番面積の広い部分のこと。


屋根の頂上にある部分のことで、棟(むね)、大棟とも言われます。
屋根の面と面が交わる部分です。
棟は、屋根の接合部分になるため風の影響を受けやすい場所です。


屋根の形が複雑な場合に、屋根面と屋根面が合わさり、その間が谷のようになっている接合部分のこと。
屋根の二つの斜面が重なり、多くの雨水の通り道になっているため、雨漏りがしやすい部位です。

ケラバ
切妻屋根などで,、外壁から出っ張っている屋根部分の内、雨樋がついていない端部のこと。
部材名ではなく、場所を示す名称です。
屋根材と破風板、水切り金具がある部分の総称です。

破風
切妻屋根の横から見て三角形の部分のことです。
意匠性と下地の腐食を防ぐために取り付けられる板を破風板といいます。

雨樋
屋根面を流れる雨水を集め、地上あるいは下水に導くために取り付けられているものです。
特定の方向に勾配がつけられており、その方向に雨水を流すようになっています。

鼻隠し
軒先に取り付けられた水平の部材です。
「雨樋を取り付ける下地としての役割」と「屋根の構造材を隠す役割」があります。」

軒天(軒裏天井)
壁から外に張り出している軒先の裏面に取り付ける白いボードのことです。
軒先の裏側から雨が侵入しないように取り付けられます。


以上が屋根の各部位の名称と説明になります。
屋根の部位は、細かく説明すると他にもありますが、今回は大まかな屋根の部位について紹介しました。
どこか一部が劣化すれば、それが原因で雨漏りすることもあります。
そのため、定期的なお手入れをお勧めします。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ