柳井市 スキン仕上げ外壁の塗り替え。中塗り作業

柳井市の外壁塗装工事の現場の紹介です。
前回は、下塗り作業の状況を報告しました。今回は、外壁の中塗りについて紹介します。

中塗りと上塗りに使用する塗料は、ガイソーウォールフッ素4F塗料です。
ガイソーウォールフッ素4F塗料は、屋外の過酷な条件でも紫外線や風雨から建物を守ります。
雨筋汚れのつきにくい汚染性に優れ、長期間に渡り建物をキレイに守り続けます。
年数とともに外壁の美観に大きな差がつきます。

外壁塗装は、下塗り2回が終わり中塗り塗装に入っています。
軒天との取り合い部やサッシ廻りなど、細かいところを刷毛で施工し、その後にローラーで塗布作業を進めます。
今回の塗装では、2階を白系統の色で塗り、ベランダと1階外壁を黒系統の色で塗ります。

塗料はただ塗ればいいというわけではありません。
塗膜の厚さが適正でなければ、期待通りの耐久性を得ることができません。
一度に塗ろうとすると、表面と内部の乾燥時間のズレが大きくなり、表面は乾燥しているのに内部は未乾燥の状態になります。
すると、乾燥途中で表面が引っ張られてひび割れが起きます。
そのため、塗装は一度に基準の膜厚を塗るのではなく、複数回に分けて塗ることが基本となっています。

「白い壁にしたいけど、窓の下の雨だれ汚れが気になる」という心配の声をよくお聞きしますが、汚れが付きにくい塗料もありますので、ご安心ください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ