店舗の改装工事。段差のあるトイレの撤去

山口県周南市で店舗の改装工事をさせていただくことになりましたので、現場の様子をお伝えします。
まずは内装の解体工事です。
解体は、新しい住まいに不要な既存の間仕切りや建具、トイレなどの設備を取り払い、処分する最初の工程です。

解体工事は、「手壊し」といって職人さんが手作業でひとつひとつ外していく方法をとっています。

トイレも入れ替えるので、全撤去していきます。

トイレのドアを外します。

トイレは、段差のある和式トイレでした。
止水栓を閉めてタンクの水を全て排水します。
流し終えたら、タンクの下から便器に繋がっている配管をパイプレンチなどを使って外していきます。
次にタンクの蓋を開けて、壁に打ち込んであるビスを外し、タンクを外します。

フラットな床の洋式トイレにリフォームするため、はつり機と呼ばれる電動ハンマーで床タイルやモルタルをハツリ取っていきます。
「ハツリ」とは、モルタルやコンクリートを砕いたりけずる作業のことです。
解体工事の中でも、特に大きな音の出る作業なので、近隣委お住まいの方への十分な配慮が必要です。

床を解体出来たら便器を取り外します。

便器を撤去し、壁も解体しました。

天井に設置されている照明や空調設備も撤去します。



やっぱりプロは仕事が早いですね。あっという間に撤去されていきました。

今後も進歩状況をお伝えしていきますので、楽しみにしていてください。

スマイルハウジングでは、外壁・屋根のリフォームからリノベーション、店舗・事務所の改装、解体工事まで幅広く対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ