周南市にてサイディング壁と目地の現地調査を行いました

周南市にお住いのN様より「壁の色あせと目地の隙間が気になるので見てほしい」と相談があり現地調査に伺いました。

N様のお宅は、築12年で、外壁がサイディングのお家でした。
お客様が気にされている通り全体的に色あせている状況でした。
色あせは、紫外線や風雨によるダメージが原因で塗膜の表面が劣化している状態です。
色あせしていても今すぐに塗装をしなければいけないというわけではありませんが、防水性が低下することで、塗膜の劣化を加速させチョーキングや塗膜の剥離といった状況につながります。

チョーキングが発生しています。
チョーキングとは、壁を手で触った時に白い粉状のものが付く現象のことです。
チョーキングは、塗料に含まれる顔料が塗膜の劣化により表面に浮き出てくることで起こります。
塗膜が劣化して防水性が低下しているため、このままにしておくとサイディングに雨水が浸透してサイディング自体の損傷につながり、ひどい時にはサイディングを張り替えないといけなくなります。
チョーキングは手で触るだけで判断できますので、外壁の塗り替えの目安の一つになります。

サッシ廻りの雨垂れが気になりました。
「雨垂れ(あまだれ)」とは、サッシの下部の両端から下に伸びている黒い線のような汚れのことです。
サッシについた汚れが、雨水と共に外壁を伝って流れることでできてしまいます。
雨垂れがあると建物の美観を大きく損ねてしまいます。

お客様が気にされていた目地の写真です。
サイディングの壁には、サイディングとサイディングの間に隙間があり、その隙間を「目地」と言い、ゴム状のシーリング材で埋めています。
このシーリングは最初のうちは柔らかく弾力がありますが、紫外線などの影響により次第に硬くなり、ひび割れや壁との間に隙間が出来てきます。
そうなると雨水が侵入して雨漏りにつながってくるため、特に気を付けなければならない箇所です。
お客様の家のシーリングは、硬くなって隙間が出来ています。
隙間から雨水が侵入する恐れがあるので、早めのメンテナンスが必要です。


スマイルハウジングでは、外壁の塗装だけでなく、屋根のリフォームや内装リフォームなど様々な工事に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ