周南市で差し掛けと雨樋の塗装を行いました

周南市で差し掛けと雨樋を塗装したので、その様子をお伝えしていきます。

差し掛け内部の塗装をする前に、塗り面のケレン(下地処理)を行っていきます。
ケレンとは、塗装する面をワイヤーブラシやサンドペーパーなどでキレイにすることです。
ケレンは塗装の工程の中でも、最も重要な作業です。
その後の塗装の仕上がりや耐用年数の長短が、ケレン作業で左右されます。
ケレンをしっかり行わずに塗装すると、塗装直後の仕上がりはキレイに見えてもすぐに塗膜が剥がれることもあります。

施工前の差し掛け内部の写真です。
かなり塗膜の剥がれが目立っています。

差し掛けの旧塗膜をケレン作業で落とします。
古くなった塗膜をしっかりと落とすことで塗料の密着性を上げます。

細かい箇所の塗装には、ローラーではなくハケで塗っていきます。

塗装後の写真です。
チョコ色で塗装しました。

雨樋の塗装です。
雨樋はもともと強固な素材でできているため、塗装しなくても耐久性に問題はありません。
しかし、経年劣化で美観を損なってしまうため、塗り替えが必要になります。
雨樋などの附帯部には外壁や屋根に使用するような高いランクの塗料ではなく、低いランクの塗料を使用する業者もいます。
ですがそうすると、外壁はキレイなのに附帯部が劣化してしまいます。
そのため、スマイルハウジングでは、雨樋などの附帯部も外壁・屋根と同等の塗料を使用して、しっかりと塗装しています。

スマイルハウジングでは、下地処理や細かい部分の塗装にも細心の注意を払って行わせていただいております。
外壁・屋根の塗装・リフォームをお考えの方はご相談・点検・お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ