周南市でチョーキングしたサイディングの現地調査を行いました

周南市で外壁の現地調査を行いましたので、お伝えしていきます。
周南市にお住まいのお客様より「そろそろ壁の塗り替えを考えているので見積もりを出してほしい」とお問い合わせがあり、現地調査をさせていただきました。

お客様のお宅は築13年で、外壁はサイディングでした。

「サイディング」とは、外壁に張る板状の外壁材のことです。
「窯業系サイディング」は、セメント質と繊維質を主な原料として、板状に形成したものです。
モルタルと比べて工期が短く、デザインが豊富で、耐火性・耐久性に優れています。
セメント質が主な原料なため、サイディング自体の防水性は低く、表面の塗膜が雨水からサイディングを保護しています。
そのため表面の塗膜が劣化による吸水により、サイディングの反りや割れが発生します。

チョーキングが発生していました。
チョーキングとは、外壁を手で触った時に白い粉が付く現象で、表面の塗膜が劣化しているサインです。
表面の塗膜が劣化すると雨水が浸透し、塗膜の剥がれやサイディングの反りの原因になります。
チョーキングが発生していてもすぐに雨漏りするということはありませんが、早めにメンテナンスをすることでサイディングの寿命を延ばすことができるため定期的なメンテナンスが重要です。

サイディングのひび割れが発生していました。
隙間から雨水が侵入して、外壁下地の腐食や室内のカビの発生にもつながるため早めの補修が必要です。

シーリングはブリード現象が起きていました。
ブリード現象とは、シーリングに含まれる可塑剤が表面に出ていき塗料と反応して、黒っぽく変色する現象です。
古くなったシーリングを除去してから、新しいシーリング材を充填します。

外壁の塗料だけでなくシーリング材にも様々な種類があり、耐用年数も変わってきます。
シーリング材の耐用年数は、一般的には5~10年程度と言われていますが、耐用年数が15年を超えるシーリング材もあります。
外壁塗装をする際には、塗料の耐用年数だけでなくシーリング材の耐用年数にも気を配るようにしましょう。

スマイルハウジングでは、お客様のお住まいに最も合ったプランを提案させていただいております。
外壁塗装、屋根塗装、防水工事などリフォームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ