熊毛で賃貸アパートの外壁診断を行いました

山口県熊毛郡で賃貸アパートの外壁診断を行いましたので、お伝えします。
賃貸アパートは、築32年の2階建て建物でした。
時期的に塗り替えを検討し始めているようで、ご相談いただきました。
外壁の素材はサイディングでした。

外壁を触ると手に白い粉が付く「チョーキング(白亜化)」が起きていました。
チョーキングは、紫外線により塗料に含まれている顔料が表面に浮き出ることで発生します。
塗膜が劣化して防水性が低下しているサインで、放置してしまうと塗膜の劣化が促進されるだけでなく、サイディング自体に雨水が浸透して反りやひび割れの原因になるため、チョーキングが起きていた場合には塗り替えを検討するようにしましょう。

塗膜の剥がれがありました。
サイディング自体には防水性はなく、表面の塗膜が雨水からサイディングを保護しています。
塗膜が剥がれると防水機能がなくなり、サイディングに雨水が浸透しサイディング自体が劣化してしまいます。
サイディング自体の劣化は、塗装ではなおせないため、劣化がひどい場合にはサイディングボードの張り替えが必要になります。
表面の塗膜の軽い剝がれなので、塗り替えれば問題ありません。

サイディングに浮きが見られました。
サイディングが浮くと他のボードとの間に隙間ができてしまい、この隙間から雨水が侵入してしまいます。
浮きはそれほどひどくないため、留め付する部分にドリルで穴をあけてステンレスビスで留め付ける方法で補修します。

スマイルハウジングでは、ご相談をいただいたお客様のお家をしっかり点検し、お客様のご要望・建物の劣化状況に合った工事の提案をさせていただきます。
外壁・屋根のリフォームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ