周南市でバルコニー部分の塗膜が剥がれた外壁を点検しました

周南市にお住まいのお客様よりお問い合わせがあり、外壁の現地調査に伺いました。

まず目に付いたのが、バルコニー部分の外壁の塗膜剥離です。
バルコニーの外壁は、上に軒天がないため、雨水が直接当たります。
そのため、他の箇所の外壁と比べても劣化しやすい部位です。
ですが、いくらバルコニーの外壁が劣化しやすいとしても、塗膜の剥がれが激しいため、雨水が侵入している可能性が高いです。
塗膜剥離の箇所が格子の真下なので、そこから雨水が侵入していると考えられます。
手で触ると雨が降ってないにもかかわらず湿っており、この面だけサイディングを張り替えることを提案しました。

外壁は色褪せ、チョーキングが発生していました。
紫外線、雨水により表面の塗膜が劣化したことで起こり、塗り替えのサインです。
放置すると雨水がサイディングに浸透して塗膜の剥がれやサイディングの変形の原因になります。

幕板にも塗膜の剥がれが見られました。
幕板は、美観や外壁のつなぎ目を隠すために取り付けられています。
外壁に取り付けられることで段差ができるため、雨水が滞留しやすい箇所です。
外壁塗装の際にはしっかりと状態を確認して適切なメンテナンスが必要です。

外壁塗装をお考えの方は、スマイルハウジングにお気軽にお問い合わせください。
 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ