下松市でベランダ下の軒天のシミを点検しました

下松市にお住まいのお客様よりお問い合わせがあり、調査に伺いました。

ベランダ下の軒天にシミができていました。
ベランダの笠木部分や外壁から雨水が侵入したか、ベランダの防水が劣化したことで雨水が侵入した可能性があります。
雨水が侵入すると内部の下地材が腐食する危険性があります。

防水は、既存の防水層を剥がさず、ウレタン塗膜防水での施工を提案しました。
ウレタン塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗布して防水層を作る工法です。
液体状の材料を使用するので、複雑な形状でも施工でき、つなぎ目のない防水層を作れます。
他の防水と比較して、安価なため広く用いられています。

外壁の塗膜が剥がれていました。
サイディングの塗膜が剥がれると、雨水を吸い込み、サイディング自体がボロボロになったり、内部の腐食の原因になります。
補修してから塗装することで、剥がれた箇所が目立たず、キレイに仕上がります。

シーリングには亀裂が入っていました。
経年劣化で防水機能が低下しており、壁面内部に雨水が侵入してしまう危険性があります。


外壁・屋根リフォームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

 
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ