周南市で洗面台リフォーム、床と壁を張り替えて洗面台を交換

周南市にお住まいのお客様より「洗面台を交換したい」とお問い合わせをいただいたことから洗面台リフォームを行いました。
本日は、周南市で行った洗面台リフォームの様子を紹介します。

劣化した洗面台既存の洗面台の画像です。
一般的に洗面台の耐用年数は15~20年と言われており、修理や交換が必要になります。
周南市のお客様のお宅では、20年以上経過しており、劣化していました。

洗面台を撤去して、床や壁を張替え既存の洗面台を撤去して、古くなっている壁紙や床を剥がし、新しいものを貼ります。
古い洗面台を撤去すると、床や壁の色が変わっていることがあり、設置痕が目立つことがあるので、床や壁を貼り替えるのをおすすめします。
この後、新しい洗面台を設置します。

周南市で行った洗面台リフォーム新しい洗面台には、LIXIL(リクシル)の「オフト」を使用しました。
オフトは、奥行き500mmのコンパクトな設計で、どこにでもフィットし、洗面室を広く使用できます。
また、自然にエコでき、快適で使いやすい洗面化粧台です。

従来のシングルレバー混合水栓では、レバーハンドルがよく使う正面の位置でお湯が出たり、お湯が混ざる位置が分かりにくかったりで、無意識のうちにお湯を使用していました。
オフトでは、レバーハンドルが正面の位置で水が出たり、お湯が混ざる位置でカチッと音が出ることで無意識にお湯を使うことがないため、無駄な給湯費を節約できます。

周南市で行った洗面台リフォームお手入れも簡単で、排水口に髪の毛が絡まりにくく簡単にお掃除できます。
水栓まわりには僅かに傾斜が設けられており、水滴を残りにくくしています。
鏡は、くもり止めコートでコーティングされており、洗面所でよく見られる鏡のくもりを防いでくれます。

洗面台を設置したら、実際に水を流して、うまく排水されるか、水漏れがないかなどを確認します。
内装の張替えも行ったので、以前の洗面台の設置痕が残ることもなく、キレイに仕上がりました。

洗面台リフォームをする際には、新しく取り付ける洗面台の大きさや高さ、使いやすさなどをしっかりと考えてからリフォームしましょう。
周南市や下松市で洗面台リフォームを検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。
 
お問い合わせはこちら
はじめにお読みください
無料雨漏り診断
  • 外まわり修繕価格表
  • 内装改善価格表
  • 最新チラシ情報
  • 内装リフォーム
ページ上部へ