周南市のトイレリフォームで温水洗浄便座に交換

トップページ » 施工事例 » 周南市のトイレリフォームで温水洗浄便座に交換

施工事例詳細

物件画像

担当からのコメント

周南市にお住まいのお客様より「トイレが古くなったのでリフォームしたい」とお問い合わせをいただき、トイレリフォームを行いました。


トイレリフォーム後の画像です。

便器そのものは陶器でできているので、壊れる可能性は低く割れない限りは使用できますが、タンク内の部品や配管などは20年程度で寿命を迎え、故障すると修理が必要になります。

トイレが比較的に新しい場合には、故障箇所だけを交換することもできます。

トイレ全体をリフォームすれば、費用はかかりますが、床や壁を新しくでき、手洗い場を追加することもできます。

長期的に見れば、頻繁に修理をするよりも一度で全体をリフォームする方が安く済むこともあります。

便座のみを交換する場合には数時間、トイレ全体をリフォームする場合には1日程度かかります。

トイレリフォームでは故障の修理だけでなく、和式トイレから洋式トイレに交換したりと利便性を向上させることもできます。

今回の周南市のトイレリフォームではトイレ全体をリフォームしました。


画像は工事の様子です。

まず、既存のトイレや床などを撤去していきます。

水が出ないよう止水栓を止めてタンクに残っている水をすべて排水してから、便器を取り外します。

既存のトイレは温水洗浄便座ではなく、トイレ室内に電源がなかったので、電気工事でコンセントを増設します。

床は床組からつくりなおし、床材や壁材を貼ります。

新しく手洗い器を取り付けるため、配管の引き直しも行います。

手すりも取り付けます。

新しい便器は、LIXIL(リクシル)のプレアスLSタイプを使用しました。

プレアスLSタイプは、新素材のアクアセラミックを使用しており、黒ずみが発生しにくく、キレイな状態を保つことができます。

便器のフチがない形状をしているので、サッとひと拭きするだけで楽にお掃除ができます。

コンパクトなフォルムでゆとりある空間を演出でき、トイレ室内を広く感じることができます。

トイレの部品には10年程度で寿命を迎えるものもあり、急に故障することもあります。

故障してからリフォームしようとすると、見積もりを取得して実際に工事するまで時間がかかり、その間、トイレが使用できないという可能性もあります。

そのため、トイレが古くなっている場合には、早めの修理交換やリフォームをおすすめします。

周南市だけでなく下松市や光市などでも対応しており、見積もり・ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

アフター画像


お客様の声

周南市 N様の声
周南市 Y様の声
周南市 U様の声
周南市 H様の声
周南市 T様の声
周南市 M様
Copyright2022 © 株式会社サンテックス All Rights Reserved.