下松市で外壁塗装、外壁の目地からの雨漏りを防ぐシーリングの補修

トップページ » 下松市で外壁塗装、外壁の目地からの雨漏りを防ぐシーリングの補修

2021年11月17日

本日の現場ブログでは、下松市で行っている外壁塗装工事の様子を紹介します。

サイディング外壁の目地(継ぎ目)やサッシ廻りにはシーリングというゴムのような建材が充填されています。シーリングが劣化することで割れや剥がれが起きると隙間ができて雨漏りの原因になります。

シーリングの補修では、古くなったシーリングを撤去して新しいシーリング材を充填する「打ち替え」という方法で行います。シーリングを撤去して、シーリング材の密着をよくするプライマーを塗布してからシーリング材を充填し、ヘラで表面を均して打ち替えの完了です。

塗料を塗っていく前にビニールやマスキングテープなどで覆います。こうすることで塗料が散って窓ガラスに付くことを防ぎます。強風で剥がれたり、バサバサ音がしないようにしっかりと貼っておきます。

養生が終わったら、ローラーを使って、塗料を塗っていきます。塗料を重ねて塗り、しっかりとした厚みのある塗膜を作ります。外壁を塗る色はお客様と打ち合わせをして決めています。塗装後のイメージがわきにくいと思いますので、カラーシミュレーションを利用することをおすすめしています。

下松市で外壁塗装などの外壁リフォームを検討されている方は、サンテックスまでお気軽にお問い合わせください。



お客様の声

周南市 N様の声
周南市 Y様の声
周南市 U様の声
周南市 H様の声
周南市 T様の声
周南市 M様
Copyright2022 © 株式会社サンテックス All Rights Reserved.